_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

おすすめの赤外線放射温度計2012年01月15日 23:44:28


画面の拡大写真。

左のボタンは照準のon-off
右のボタンはLCDの照明のon-off
中央は使うことがないのだが、摂氏と華氏の切り替え。

画面の中には、
上段にHOLD表示、SCAN表示、ライト点灯、電池残量が表示される。
下段は見たとおり温度表示。

take1さんから質問がありましたが、私はアマゾンで買いました。

本製品は、温度の[℃]測定ではなく、あくまで温度差[K]の測定用としてお勧めしています。この点で誤解のないように、レビューなどもよくお読みくださるようお願いします。
http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E9%9D%9E%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E8%A8%88/dp/B001TSTN64/ref=pd_sim_k_3


さらに高性能の温度計が欲しい方は、放射率可変タイプの製品をどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%AF%E6%B8%AC%E5%AE%9A-73014-%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E8%A8%88C-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BB%98-%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%8E%87%E5%8F%AF%E5%A4%89%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97/dp/B0041CWHW2/ref=pd_cp_diy_2

コメント

_ take1 ― 2012年01月16日 07:44:18

ありがとうございました。
しかしながら、iBookさんが紹介している以下の
AR300
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001TSTN64/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&seller=
ではなく、写真でみる限り、以下のものではないでしょうか。
AR330
http://www.amazon.co.jp/dp/B006OGFLUI
http://item.rakuten.co.jp/account/ar330a2/
また、似て非なるものに、
AT300
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E8%A8%88%EF%BC%A1%EF%BC%B4%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%90/dp/B0041NB5H4
というのもあります。
というわけで訳が分からなくなったわけです。
どれも同じだろってことでしょうか。
でも、取っ手のところも違うし、表示面下のボタンも微妙に違います。
iBookさんのは、AR330ですよね。

iBookさんなら、チェックされていると思いますけど、使ってみて精度はいかがでしょうか。「上の白いもの」と比べて、最小表示単位でなく、精度そのものはどうでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「オール電化で2008年6月の電気料金は、○○○○円。」
半角で4桁の数字を入れてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://the.asablo.jp/blog/2012/01/15/6293401/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング