_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

台所の高さ問題2008年05月10日 17:25:13

 
渡辺武信著、住まい方の実践、中公新書、1997年、p89によれば、
台所の作業代の高さは、戦前は72cm、戦後1950年代半ばには75cm、
70年代には80cm、現在では85cmが標準になっているそうである。

これは、身長が伸びたたためではなく、料理法が変わった
(例えば、出刃包丁などの力を入れる作業が少なくなった)
ためだそうである。

そのひとつの証拠として、
事務机の高さは、20年前の74cmから70cmにJISが変わっているそうである。
個人的には体位の向上分もあると思いますけど、なるほどと思う。

前置きが長くなりました。
拙宅では台所の作業代の高さは87cmにしました。

今までの家は80cmであり、身長176cmの私には低いように思われました。
たまの洗い物では、かがむ姿勢のせいでしょうか、腰が痛くなります。
妻も、もうすこし高い方が良いようです。

TOYOキッチンでは台の高さは、80cm,85cm,90cmの三種しかありませんでした。
そこで85cmに台を履かせて87cmにするつもりでした。

が、長野のショールームに行った時、説明してくれたK嬢に相談すると、
>台を履かせるよりも、90cmの足を切って87cmにする方が良い
と教えていただきました。
そこでこの方法を採用しました。
 
各社ともフロアユニットの下の部分はダイワを履かせていますから、
気に入った高さがない場合は、
「切る」と言う方法も検討してみてください。


わが家の仕様2008年05月09日 15:29:51

 
わが家の仕様については、
(他人である)大庭さまがまとめてくださいました。
http://the.asablo.jp/blog/2008/01/02/2541693
わたしが某BBSへ書き込みした内容を、長い間チェックして、
まとめられたようです。

その一部で勘違いされた部分を訂正してあります。http://the.asablo.jp/blog/2008/01/05/2547091

これらと、blogの写真でほとんどのことが分ると思います。

質問については、コメントやTBでお願いします。
公開された形の方が、誤りが少ないと考えるからです。
なぜなら、誰かが誤り指摘してくださると期待できるからです。
 

鍵(3)コンス・キー2007年11月14日 21:37:28

 
左は工事中に使うコンストラクションキー、
右は本物のキー。
 
コンスキーは途中までのディンプル加工は全く同じだが、
若干短くできていました。

写真右のキーは勝手口用。
キーには、TOSTEMとMIWAの両方の印字があった。

勝手口ドアはトステムのアパート用断熱ドアなので、
トステム経由で美和ロックに頼んだと思われます。


わたしは、一本のキーで玄関と勝手口を開閉したかったので、
このことをX工務店に相談した。その結論は、
玄関キーに合わせて勝手口キーを作ってもらった。

希望が叶い、一本のキーで両方開閉できるのが確認できました。
X工務店には、いつものワガママで大変お世話になりました。
 

鍵(2)勝手口2007年11月14日 21:36:34

 
勝手口のキー。
 

鍵(1)玄関2007年11月14日 21:33:25

 
玄関キー。
 

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング