_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

緊急節電:照明編2011年06月04日 05:38:40

東日本大震災を受けて、我が家の節電大作戦を敢行中です。
今までのスーパー省エネモードは、快適さを維持したまま(あまり不便をせずに)省エネすることでした。
今回の緊急節電は、多少の不便を我慢してもピーク時間帯の節電をすることです。
具体的には平日の13時〜16時を重点に、9時〜20時とされています。

緊急節電については、岩舟先生のブログが分かりやすいので紹介します。
http://kinkyusetsuden.jp/basic.html
http://kinkyusetsuden.jp/target.html

まずは、照明編です。
◎スーパー省エネモード
(1)白熱電球から電球型蛍光灯への交換。
(2)蛍光灯を夏は昼光色、冬は電球色に変える。
   これは消費電力は変わりませんが、夏は涼しく、冬は暖かく感じます。
(3)寝室の天井灯を調光機能で暗くする。
(4)照明カバーをアルミホイルで反射させる。
http://the.asablo.jp/blog/2008/06/?offset=10
http://the.asablo.jp/blog/2010/01/
最後のアルミホイルDIYは過熱や火災の危険がありますので、良く調べて自己責任でお願いします。

◎緊急節電
(1)蛍光灯や電球を取り外しました。点灯数を減らしました。例えば、台所の照明はHF40Wを直線に2灯並べて影ができないようにしていましたが、HF40Wx1に減らしました。多少影ができますが、妻は大丈夫なようです。2Fホールも減らして、1灯だけにしました。
(2)照明のスイッチを点けないようにしました。例えば、食卓は天井灯を点けないで、ペンダントだけにしました。子供部屋も天井灯を点けないで、スタンドのみにしました。居間の間接照明40Wx4もほとんど点けません。ロフトも天井灯をやめ、スタンドにしました。

◎除外対象
(1)階段照明は、天井1灯と踊り場に2灯ありますが、踏面をハッキリ照らして転ばないようにするため減灯しませんでした。点灯時間も1分以内ですし。。。
(2)お風呂は電球型蛍光灯が2灯ありますが、毎日明るいお風呂で音楽を聞くのが数少ないわたしの贅沢〈リラックスタイム〉なのでやはり減灯しませんでした。
ごめんなさい。


直管型LED照明の注意点(1/4)2011年06月08日 04:54:16


直管型LED照明(直管蛍光灯型LED)の注意点

LEDは、省電力と長寿命などから照明として注目され、近年は価格低下し家電量販店やホームセンターなどでも売られている。
発光効率も年々向上しており、東日本大震災による電力不足PR効果もあって、新聞などによると、ここ最近は急速に売れ行きを伸ばしている、そうだ。
一方、直管型LED照明はJIS規格もなく、PSEマークもないなど安全面から注意が必要である。
いくつかの注意点をまとめてみた。

1.ちらつき防止回路の有無
LEDのちらつきについては、最近、札幌市役所のトラブル事例で有名になった。
> 札幌市が市役所の執務室や廊下にある約9000本の蛍光灯を直管型LED照明に取り換えたのは2010年3月のこと。
>その直後、一部の職員が「目が疲れる」「気分が悪い」といった体調不良を訴えた。
>市がアンケート調査した結果、「業務に支障がある」と答えた職員が7.4%に及んだ。
>(中略)
> こうしたトラブルの根本的な原因は、LED照明の規格や基準の法整備が進んでいないことにある。
>例えば、大半のLED照明は電気用品安全(PSE)法の規制対象外で、安全性が法的に担保されていない。
> 経済産業省は同法の政令改正の方針をようやく掲げた。
>11年3月までに電球形のほか、光源と灯具が一体のLED照明を規制対象に加える。
> ただし、ちらつき防止の規定は「安定的に点灯動作するための装置を設ける」といった記述にとどめる見込み。
>「明るさや電圧の変動幅がいくらまでなら健康被害が生じないのか、客観的な数字で規制するのは難しい」(同省製品安全課)からだ。
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0E4E2E3858DE0E4E2EAE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

LED照明の購入は、規格が決まっていないものを購入することになるので、コストばかりにとらわれず、 基本性能をよく把握してから購入する必要がありそうだ。
ご用心。(つづく)


直管型LED照明の注意点(2/4)2011年06月10日 05:20:19

直管型LED照明(直管蛍光灯型LED)の注意点

前回に引き続き、注意点をまとめた。

2.重量の問題
JIS C 8105-1「照明器具−第1部:安全性要求事項通則」の4.22によれば、蛍光ランプの重量が規定されている
>蛍光ランプの装着品は、照明器具の製造業者から供給するものか、又は照明器具の製造業者が認める装着品だけとする。
>ランプ及び装着品の総重量は、次の値以下とする。
> G5口金のランプは200g
> G13口金のランプは500g
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=0&RKKNP_vJISJISNO=C8105-1&%23jps.JPSH0090D:JPSO0020:/JPS/JPSO0090.jsp

G13口金というのは、普通の多く見かける20W、40Wの蛍光灯に使われている、◯の中に2つの穴がある口金です。
G5口金というのは、G13を小さくした4W、6W蛍光灯に使われているものです。

市販のLED蛍光ランプは規格がないため、500gを超えるものも売られている。
G13口金はプラスチックであり、高温や紫外線で劣化すると考えられる。
規格以上の重量を長期にわたって使うのは、安全上の問題がある。
 
特にLEDは長寿命が売りであるから、10年後に地震が来た時にG13口金が重量に耐え切れず、ランプが落下したりしたら危険だ。
(今回の東日本大震災では、石膏ボードの天井が落ちてきた例が多い)

前に書いた記事の写真にも載っているが、札幌市の例では、
>直管型LED照明がソケットから外れて落下しないように、市は既存の蛍光灯具に落下防止金具を取り付けた。

札幌市役所の担当者は、LEDの重量による危険性については認識していたようだ。 (ちょっとだけ、エライ)




直管型LED照明の注意点(3/4)2011年06月11日 05:25:12

直管型LED照明(直管蛍光灯型LED)の注意点

前回、重量が500gを超過する製品の問題を書いたが、
最近の調査によると、そのような製品は少なくなっているらしい。

この記事のグラフでは、24製品中1,2製品が500g超過となっている。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110609/547938/

================================
さて、引き続き、注意点をまとめた。

3.器具改造の問題
市販のLEDランプには大きく2種類のタイプがある。
(1)器具の改造をするタイプ(電源を直接通電するタイプ)
(2)蛍光灯だけ入れ替えるタイプ(既設安定器に接続するタイプ)

一般的には(1)の方が、安くて、効率がいい。効率がいいのは、安定器に通電しないための改造をする事でロスが少なくなるからだ。

しかし、既設器具の内部結線を改造するためには、電気工事士免許が必要だ。 そして、改造するとPSEの保証(メーカー保証)が受けられなくなる。

また、この改造方法もメーカーによって違い、3種類ほどあるらしいから、話はさらにややこしいくなる。
この改造をした器具に、別のメーカーのLEDランプや普通の蛍光灯を入れたら、 どうなるか。短絡や爆発の恐れがあるという。(恐怖)

口金形状が同じだけに、簡単に入れ替えできてしまうので、とても危険だ。

改造するタイプは口金形状を変えるとか、口金の間隔(菅の長さ)を変えるなど、普通の蛍光灯が絶対に入らない構造にするべきだと思う。
どうだろうか、監督官庁の経産省殿。


直管型LED照明の注意点(4/4)2011年06月13日 05:18:12


直管型LED照明(直管蛍光灯型LED)の注意点

最後の注意点をまとめた。

4.電気用品安全法の対象外の問題
LED製品については、急激な研究開発の進展中であり、(見方を変えれば、発展途上とも言える) 一部を除いて電気用品安全法の対象になっていない。
この対象製品になれば、PSEに◯や菱形のマークが付くだけでなく、製造や輸入業者に多少の規制がかかり、少しは安全が担保される(はずだ)。

法律の該当部分を引用する。
>電気用品の製造又は輸入の事業を行う者は、電気用品の区分(施行規則 別表第一)に従い、 事業開始の日から30日以内に、経済産業大臣に届け出なければならない。

しかし、現在のところLEDを使ったものでこの法律の対象製品か否かについて、お役所の解釈が出ているのは次の7品目だけ。
・LED照明(イルミネーション)装置=「装飾用電灯器具」として取り扱う。
・LED電球=「非対象」として取り扱う。
・LEDサイン用光源=非対象として取り扱う。
・LEDハンドランプ=光源及び光源応用機械器具の「ハンドランプ」として取り扱う。
・LEDクリスマス電球セット(LEDクリスマス電球)=光源及び光源応用機械器具の「装飾用電灯器具」として取り扱う。
・装飾LEDランプシステム=非対象として取り扱う。
・クリスマスLEDランプ用コントローラー=、光源及び光源応用機械器具の「装飾用電灯器具」として取り扱う。

これ以外は全くの野放し状態だ。←今回の問題点。

例:LED電球についての解明
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/kaishaku/taishou_hitaishou/20030729/led_bulb.pdf

電気用品安全法に関する解釈について
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/kaishaku/taishou_hitaishou/shuruibetsu.htm

元々日本には「電気用品取締法」という厳しい法律があって、通産大臣から認可された工場でなくては製造販売ができなかった。電気製品や電気器具に、〒マーク「〒」を◯や逆三角形で囲んだものがそれだ。

しかし、10年ほど前の某国の圧力によって「電気用品安全法」に変えさせられた経緯がある。それ以降、電気製品の安全を担保するのは製造会社とか輸入会社の仕事になり、某国からの電気製品の輸入規制が思いっきり「ユルフン」になった。

国民の安全を守るのが国の仕事だと思うのだが、極東にある日本という国ではどうも違うらしい。

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング