_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

アース付きコンセント2008年07月04日 21:38:11

 
実は、電気屋のくせに、コンセントで失敗がありました。

最近の電気製品はアースが必要な機器が多くなっています。
そこでアース付きコンセントとプラグの登場となるわけですが、このコンセントにも2種類あります。

1.3本足のプラグを挿せばアースも繋がるもの
(たしか、初代iMacのプラグがこれだったと思う)
2.プラグとは別にアース線を繋ぐもの
(冷蔵庫や洗濯機などはこれが多い)

なお、最近のコンセントはこの両方に対応できる製品もあります。

冷蔵庫のアースは、電線で接続します。
プロジェクター用は、アースはプラグ内蔵型です。
ここまでは良かったのですが。。。。。

生ゴミ処理機は当初、バイオ式を屋外設置の予定であり、
そこにはアース付き防水コンセントを用意したのですが。
製品をバイオ式から乾燥式に変更し、
乾燥式なら臭いは気にならないから便利なようにと屋内設置に変更にしたために、
コンセントに困りました。

家のコンセントも実際に設置する電気製品のプラグ形状を確認し、
設置場所を良く検討しないといけないようです。
家造りは忙しくて、なかなか全部の電気製品の確認やら検討やらできないのですが。

ご参考まで。

床下エアコン改良計画(2)2008年03月23日 12:27:56

提案2:エアコン選定の注意
最近のエアコンは、実に余計なものがたくさん付いている。
(高機能化で差別化を図っている、とも言います)


床下エアコン選定時に注意した事項をまとめてみました。

1.COPが高い。
原則24時間運転するのだから、ランニングコストを重視するのは当然の成り行き。
拙宅では主に暖房に使うので、暖房COPと最小暖房時の消費電力に注目しつつ、値段の安い型落ち品にしました。
最近のエアコンでは、年間平均のAPF表示に変わっています。

2.換気機能
これはメーカーによって給気型と排気型があります。
エアコンの換気が計画換気と干渉しないことが望まれます。
拙宅では、換気機能ナシを選択しました。

3.掃除機能
エアコンフィルターを掃除し、10年間清掃不要というのもです。
これもゴミ処理方式で、屋外排出型と内部蓄積型(?)があります。
屋外排出型は、換気と同様に計画換気との干渉を考慮すべきでしょう。
拙宅では、掃除機能ナシでフィルター清掃が簡単な機種を選択しました。

4.リモコン
普通はエアコンは頭の上にあり、エアコン側のリモコン信号受け窓は水平か下向きになっている(はずです)
この位置や方向によっては、床上からのリモコンが出来ないかも知れません。
拙宅では、床上のガラリから操作していますが、リモコンを南下に向けるとの「受信失敗」の確率が高くなります。南西方法が一番上手くゆきます。

床下エアコン改良案(1)2008年03月23日 12:26:13

提案1:防火と火災感知
拙宅では床下エアコンを採用しましたが、床下のような見えないところで24時間電気製品が動いていることに不安があります。

そこで、
1.石膏ボードを貼る。
2.煙感知器を付ける。
3.トラックング火災防止。
というのを提案したいと思います。

石膏ボードは何たって安い。
12.5mmでもちょっと前は300円、値上がりした今でも400円で買えるから5枚も買えば充分と思います。
エアコン取り付け面1枚。床下2枚。側面2枚。
床下に断熱材が無い人は床下2枚だけでも良いと思います。

同様に煙感は電池式が3000-4000円で買えます。

トラッキング火災防止は特殊なコンセントもありますが、煙感の電池交換時に掃除すれば良いと思います。

いかがでしょうか。

24時間動作している電気製品は、エアコン以外にも冷蔵庫、HDDレコーダー、受信ブースター、FAXなどいろいろあるのですが。

トイレのリモコン移動(4)2008年02月14日 21:17:44

 
ここで使った強い味方を 紹介します。

 登場!!

ホームセンターのコメリで、たしか298円でした。
 

トイレのリモコン移動(3)2008年02月14日 21:17:20

 
補修後の写真です。

良くみると、跡が残っていますが、許容範囲でしょう。

妻にも、なんとかOKをもらいました。(諦めたのかも)
 

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング