_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

自立循環型住宅(1)2008年09月24日 06:55:27

 
わたしがこの本を入手したのは、2005年に行われた一般公開セミナーでした。
そこでは執筆者の中から4名がきて説明してくれました。
国土技術総合政策研究所から3名、北方建築総合研究所から1名でした。

参加者は、私のような素人はほとんどいませんでした。
建築関係従事者が多いようでしたが、自己啓発(研鑽)かCPDの単位取得かは分りませんでした。
http://www.cpd-ccesa.org/
http://www.kenchikushikai.or.jp/cpd/seido/f_seido.htm


自立循環型住宅はひとつではありません。
立地やライフスタイルで当然変わってくるものですが、
そのイメージとしては設計目標というかたちで3つに分類しています。

郊外型、伝統的自然生活志向、広い敷地。
主として自然エネルギーを利用して、快適さを達成する。
第一優先、自然エネルギー活用
第二優先、建物外皮の熱遮断技術
第三優先、省エネルギー設備技術
例:敷地83坪、平屋22坪、2人家族、
特徴:長い庇による日射遮断など、


都市型、設備生活志向、小さい敷地。
主として設備を利用して、快適さを達成する。
第一優先、建物外皮の熱遮断技術、省エネルギー設備技術
第三優先、自然エネルギー活用
例:40坪、二階建て37坪、4人家族、
特徴:2階リビングや頂側窓による日射と通風確保など


この中間型、自然生活志向、中規模の敷地。
自然エネルギー利用と設備利用を両立させて、快適さを達成する。
第一優先、建物外皮の熱遮断技術、
第二優先、自然エネルギー活用、省エネルギー設備技術
例:敷地63坪、二階建て39坪、4人家族、
特徴:北側天窓、引戸による風と日射の利用など



いい家の正解はひとつではなく、色々あると思う。
最初に書いたように、環境も違うし、感じ方も違うし、生き方(人生設計)も違うのだから。。。

これが絶対いいんだ。これだけが正解だ。
という富士山型ではなく、答えがイッパイある八ケ岳型がわたしは好きだ。
 

省エネのバイブル《住宅編》2008年09月23日 22:43:21

 
普通に市販していないのですが、
住宅の省エネに関してはこの本がバイブルと言えます。

自立循環型住宅への設計ガイドライン。

自立循環型型住宅の定義は長ったらしいんだけれども、
重要な点は三つだと思う。
>居住性や利便性の水準を向上させつつ
>居住時のエネルギー消費量を50%にまで削減可能な
>十分実用化できる住宅

ここで特に大事なのが最後の部分だと思う。
(未来の技術や夢物語ではなく、)現在ある技術の選択と組み合わせによって、エネルギーを50%削減可能なことだ。
つまり、いますぐにでも50%削減ができる、ということ。
本ではその方法を詳しく示している。

以下に「自立循環型型住宅の定義」を引用しておきます。
自立循環型住宅とは、気候や敷地特性などの住宅の立地条件および住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で、建物と設備機器の設計や選択に注意を払うことによって、居住性や利便性の水準を向上させつつも、居住時のエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%にまで削減可能な2010年時点までに十分実用化できる住宅である。


2005年7月時点での問い合わせ先
(財)建築環境・省エネルギー機構 企画・環境部 青木正諭宛
メール:aoki(アットマーク)ibec.or.jp 
注:スパム対策です。宛先には@を使ってください。
電話:03−3222−6737
事務所所在地は、9月16日に移転したようです。
http://www.ibec.or.jp/shokai/annai.html
 


p.s.
省エネとは関係ないけど、本日はお彼岸。
実家のお墓に行ってきました。
 

公庫からの手紙(3)2008年09月14日 14:36:47

 
また、公庫からの手紙がきた。



今度はなんだろう??
前回(2)のときは、3年前に買った仕様書の内容訂正のお知らせだった。
http://the.asablo.jp/blog/2008/08/31/3724143


今度は、「住まいの管理手帳」改訂版発行のお知らせ。
つまり、広告DM。

簡単に言うと、
この本は改訂したよ。
9月17日に発行されるよ。
だから、また買ってくれ〜。

内容は8ページも増えたよ。120p→128p。
料金は820円から900円になったよ。(WEB注文の場合)


ということは、
↓この広告画面も近いうちに改定されるのだろう。
https://www.sumai-info.com/book_shop/list_01.html
 
e-mailだったら、何万通だしても安いだろうけど、
ゆうメール(郵政公社)だとイクラかかるのだろうかと、
ちょっと気になった。
 

公庫からの手紙(2)2008年08月31日 12:00:00

> 
>おそるオソル中を開けてみると。。。。。
>そこには恐怖の○○があった。


などという事はない。

中身は、その昔購入した仕様書の内容訂正のお知らせだった。

家のことを調べ始めた頃は「木造軸組」しか頭になかった。
現場を見たり、色々な本を読んで知識を増やした。

構造関係では、住宅金融公庫発行の「木造住宅工事仕様書」を銀行のローンセンターで手に入れた。

2X4で建てようと決めたのはつい最近のことなので、
あわてて、「枠組み壁工法住宅工事仕様書」を追加で手に入れた。
まさに「ドロナワ」であるが、
この時はもう銀行では販売していなかったので、直接、住宅金融普及協会へ注文し、送ってもらった。
それが、3年前のこと。

♪あれは三年前、留める、あなた、駅に残し♬

もう随分前のことなのに、買ったこちらが忘れていたのに、
その訂正のお知らせを送ってくれた。
その顧客管理、なかなかシッカリしているではないか。(感心)

お金を扱うところだからしっかりしているのだろうか。
キチンと仕事をする方が、もっと速く、斜壊補嫌庁へ出向して欲しかった。


旧公庫で発行していた書籍や仕様書はここで売っています。
https://www.sumai-info.com/book_shop/list_01.html
https://www.sumai-info.com/book_shop/list_03.html

ご参考まで。
 

公庫からの手紙(1)2008年08月31日 11:52:40

 
突然、心当たりのないところから旧住所へ手紙が届いた。

♫ Love letter from Canada ♪ という歌があったけど、
そんな当てはない(キッパリ!)

しかも、差出人は公庫改め、住宅金融普及協会。
えっまさか、借金の督促状。(まっ青)
 
 
おそるオソル中を開けてみると。。。。。
そこには恐怖の○○があった。


日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング