_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

台所の高さ問題2008年05月10日 17:25:13

 
渡辺武信著、住まい方の実践、中公新書、1997年、p89によれば、
台所の作業代の高さは、戦前は72cm、戦後1950年代半ばには75cm、
70年代には80cm、現在では85cmが標準になっているそうである。

これは、身長が伸びたたためではなく、料理法が変わった
(例えば、出刃包丁などの力を入れる作業が少なくなった)
ためだそうである。

そのひとつの証拠として、
事務机の高さは、20年前の74cmから70cmにJISが変わっているそうである。
個人的には体位の向上分もあると思いますけど、なるほどと思う。

前置きが長くなりました。
拙宅では台所の作業代の高さは87cmにしました。

今までの家は80cmであり、身長176cmの私には低いように思われました。
たまの洗い物では、かがむ姿勢のせいでしょうか、腰が痛くなります。
妻も、もうすこし高い方が良いようです。

TOYOキッチンでは台の高さは、80cm,85cm,90cmの三種しかありませんでした。
そこで85cmに台を履かせて87cmにするつもりでした。

が、長野のショールームに行った時、説明してくれたK嬢に相談すると、
>台を履かせるよりも、90cmの足を切って87cmにする方が良い
と教えていただきました。
そこでこの方法を採用しました。
 
各社ともフロアユニットの下の部分はダイワを履かせていますから、
気に入った高さがない場合は、
「切る」と言う方法も検討してみてください。


本:四季工房2008年04月29日 11:55:24

 
四季工房の社長が著した本。

家造りだけでなく、地域への貢献までも考えている。
理念は立派。
 
福島とか北関東だったら、
この程度の断熱気密性能でもいけるのかも知れない。

でも、
薪集めは大変だと思う。
林業に親戚でもいて、乾燥させる場所が確保できなければやっていけない。
 
ところで、
吉田桂二氏とはどこで繋がったのだろうか。

出版社がPHPというところがミソ。

 

本:住宅設備・家電が危ない2008年03月22日 09:08:27

 
FPの家を勧めている足立博さんの著作。
大学の理工学部卒だそうで、本の内容も論理的に書いてある。
だから考え方そのものは理解できる。
しかし、どうも、集めたカタログやHPから情報を得て著したように思える。
突っ込みがトオリイッペンで物足りないのだ。

換気にしても暖房にしても表面的な事しか書いてない。
売れ筋メーカーの製品に絞って良いから、
設計書仕様書取説などからもっと突っ込んで書いて欲しいと思う。
もっとも、あまり突っ込んで書いても読者層が無く、
本としては商売が成り立たないのかも知れない。
実名で書いて、迷著「買ってはいけない」みたいな
トンデモ本になってもいけないし。。。

書いてある内容も正しいことが多いが、
全部が正しいワケではないので若干の注意は必要だ。

この発行会社建築知識(エクスナレッジ)は、
建築や住宅に関して良い本を出していることが多いと思う。
 

test:開店準備中2006年12月02日 21:38:20

test test:開店準備中
日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング