_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

Cマーク金物2007年04月08日 08:00:03

2X4は釘が命。
同時に金物も大事だ。

写真は「Cマーク」が入った金物。接合金物と呼ぶらしい。
(財)日本住宅・木材技術センター http://www.howtec.or.jp/ が定める、枠組み壁工法用金物規格に適合したもの。
金物の種類によって、造って表示してよい会社も決まっています。
http://www.howtec.or.jp/ninsyou/zcmdsHP/C20041001.pdf

写真の金物は、「根太受け金物、JH204・206」です。
ココに打つ釘は、
・端根太に、ZN40を6本。
・根太には、ZN40を4本。
と決まっています。

ココに使う釘は、2X4で良く使う、CN釘ではないのですね。

接合金物では、似ているものに、「Dマーク」というのもあるそうです。
http://www.2x4assoc.or.jp/builder/technology/zairyo/zairyo_index.html
>Cマーク表示金物と同じではないが、形状が類似しており、使用方法が同じである金物につき、その品質・性能が該当の規格金物と同等以上の性能を有するとして認定する制度です。

Dマークの説明は、非常に分かりにくい「悪文」です。
「同等以上」というと、こちらの方が良いのですか???

「Cマーク」か「Dマーク」なら安心できると思います。
世の中には、「まがい物」が出回っているようですので、注意しませう。
http://www.howtec.or.jp/ninsyou/zcmdsHP/look.htm


防湿シート先張り2007年04月08日 07:57:10


防湿シートの先張り。

薄く見えるのがはポリエチレンシート、厚さ0.2mm。
気密性能を確保するための要点だ。


スタッドの印?2007年04月05日 23:22:26


今度は、スタッドに使う204にあった印。

KDは人工乾燥材。
SPFは スプルース、パイン、ファー。
これくらいしか分からない。

疑問がイッパイ。 いつもの手で、Googleに頼むと、
↓この方が詳しく解説されていました。 感謝。
http://jollibee.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/spf_1ff1.html


土台にあったシール2007年04月05日 23:14:11

わが家の土台は、外周部分は2X6なので、406(90*150)だ。
それ以外は、2X4だから404(90*90)だ。
写真は404(90*90)の土台に貼ってあったシール。

集成材の強度 E105-F300のなぞ解きは
このHPにありました。 感謝。
http://www.syuseizai.com/intensity.html


カタカナは、アラスカ イエロー シダー と読める。
アラスカ産の木材なの?
たしかにアラスカは、北米(米国の北の地域)だけれども。

↓ベイヒバの解説。 感謝。
http://www.sunadaya.co.jp/yc-1.htm
http://www.fuchu.or.jp/~kagu/mokuzai/54.htm

ホルムアルデヒドは、F☆☆☆☆(F星4つ)だ。
現状では、一番放出量が少ないものだが、
アレルギーに弱い妻と子が大丈夫かどうかは、
住んで見ないと分からない。 困ったものだ。

一応、ベイクアウトはするつもりで参考資料は読んだ。
「健康な住まいづくりのためのユーザーズガイド、建設省建築研究所ほか、2001」
「健康な住まいづくりのための設計施工ガイド、建設省建築研究所ほか、2001」


土台の気密シール2007年04月04日 23:12:23

気密シートをめくって撮った写真。
黒く見える日本の線が、気密パッキン。

ブルーシートは気にしないでください。
雨のためシートで養生していたのですが、雨が止んだのでシートを剥がしたところです。



日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング