_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

「緑風の家」を見学してきました。2009年09月06日 11:40:07

 
「緑風の家」とは、熊谷市の松本材木店が建てた家です。
http://xn--u9j061klnvjpw.com/
 8月23日に行われた「緑の住まいづくり教室」に参加してきました。
http://ameblo.jp/ryokufunoie/entry-10327557616.html

いろいろな工夫がありました。
高断熱高気密と輻射熱を基本にして、日射遮蔽、輻射熱利用、
床下蓄熱利用、温度差利用換気、などは同じ考えでした。

珍しかったのは、井戸水利用の冷房と壁冷却でした。

床下から空気を取り入れ(第二種換気)ファンコイルで冷やし、
床ガラリや壁と床の隙間から冷気を取り込んでいました。

18℃の井戸水を直接利用すると結露が発生します。
これを逃れるため、床下に設置したファンコイルの冷却には、
井戸水を利用し暖まった(25℃以下)の水を壁に通して、
壁に埋めた蓄熱体を冷やしていました。

井戸水は恒温だけど、外気の温度湿度は大きく変化するから、
かなり精密な制御が必要になると思われます。
この日の天候ならファンコイル部分では結露しているはずですが、
床下のFCを見ただけでは、結露水の処理方法が分かりませんでした。

大学と組んでの研究だそうで、家中に温度湿度気流のセンサーと記録計が設置してありました。
まだ完成して一ヶ月だそうですが、どんなデータがとれたのか
発表が楽しみです。
 
写真はフラッシュなしでしたので、手振れしてしまいました。

IHのおそうじ(1)2009年09月13日 17:22:01

 
この家に住んでから、もう少しで2年になります。

今日は天気もいいし、ちょっとヒマ? 
持て余し状態なので、1FのIHを掃除することにした。

時々吹きこぼしているので、気になっているトコロ。
枠の部分を掃除してみようと思いついた。

【警告&注意】SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS
今回の行為は、メーカーの注意書きを無視しています。
個人がこのように分解すると、
メーカー保証を受けられない可能性があります。。
いや、たぶん受けられないでしょう。

したがって、このような行為は真似しないでください。
【警告&注意おわり】EEEEEEEEEEEEEEEEEEE


まず、分電盤で、200V電源を切ってから、
IHを取り出してみました。

H社製IHはパッキンがシッカリしていて、
その取り付け方が巧いので(自分で自分を誉めよう)
吹きこぼれは枠のところで止まっていました。

奥に見えるのはIH用の200V-30Aコンセント。

IHのおそうじ(2)2009年09月13日 17:27:28

 
しつこいようですが、
メーカーの注意シールにも、書いてあります。
写真をご覧ください。


【警告&注意】SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS
今回の行為は、メーカーの注意書きを無視しています。
個人がこのように分解すると、
メーカー保証を受けられない可能性があります。。
いや、たぶん受けられないでしょう。

したがって、工作の腕に自信のない方や、
新規購入の余裕資金がない方(失礼)は、
このような行為は真似しないでください。

【警告&注意おわり】EEEEEEEEEEEEEEEEEEE

IHのおそうじ(3)2009年09月14日 06:09:29

外した方のIH全景。
普段掃除できない、枠と接するの下側も掃除してみた。
ついでに前面操作パネル裏側もきれいにした。




これを見た妻いわく、

「見ておばあちゃん。」
「IHが新品のようにキレイになったよ」




(いや〜、実に人使いが巧い)
このヒトコトに騙されて、
今度は換気扇の掃除になってしまう。。。(ブツブツ)
 

IHのおそうじ(4)2009年09月19日 05:31:05

 
IHを分解したら、意外なところが汚れていました。

写真は、魚焼き器の引き出しの前面蓋を分解したところ。
ネジ3本で止まっていました。

蓋からは空気を吸い込むところだと思っていたので、
ふたの内部が汚れていたのは以外でした。

左の蓋はガラス製。
(おそらく耐熱ガラス)

右はステンレス。
磁気に反応しないオーステナイト系でしょうか。
http://www.netushori.co.jp/story/05.html


日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング