_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

省エネのバイブル《住宅編》2008年09月23日 22:43:21

 
普通に市販していないのですが、
住宅の省エネに関してはこの本がバイブルと言えます。

自立循環型住宅への設計ガイドライン。

自立循環型型住宅の定義は長ったらしいんだけれども、
重要な点は三つだと思う。
>居住性や利便性の水準を向上させつつ
>居住時のエネルギー消費量を50%にまで削減可能な
>十分実用化できる住宅

ここで特に大事なのが最後の部分だと思う。
(未来の技術や夢物語ではなく、)現在ある技術の選択と組み合わせによって、エネルギーを50%削減可能なことだ。
つまり、いますぐにでも50%削減ができる、ということ。
本ではその方法を詳しく示している。

以下に「自立循環型型住宅の定義」を引用しておきます。
自立循環型住宅とは、気候や敷地特性などの住宅の立地条件および住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で、建物と設備機器の設計や選択に注意を払うことによって、居住性や利便性の水準を向上させつつも、居住時のエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%にまで削減可能な2010年時点までに十分実用化できる住宅である。


2005年7月時点での問い合わせ先
(財)建築環境・省エネルギー機構 企画・環境部 青木正諭宛
メール:aoki(アットマーク)ibec.or.jp 
注:スパム対策です。宛先には@を使ってください。
電話:03−3222−6737
事務所所在地は、9月16日に移転したようです。
http://www.ibec.or.jp/shokai/annai.html
 


p.s.
省エネとは関係ないけど、本日はお彼岸。
実家のお墓に行ってきました。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「オール電化で2008年6月の電気料金は、○○○○円。」
半角で4桁の数字を入れてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://the.asablo.jp/blog/2008/09/23/3781268/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング