_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

実践:給湯の省エネ(6)2008年08月02日 10:36:55

 
書こう書こうと思っていながら、
あまりに暑かったので、除湿冷房に行ってしまいました。

エコキュートの省エネで、施主にはどうにもならない事があります。
それは、現場の設置工事。

給湯配管は熱が逃げますから、
できれば、シャワーや台所への配管が短い方がいいですね。
これは、大部分が間取りで決まります。

もちろん、しっかり保温されていれば良いですね。
これは工事の正確さ、丁寧さで決まります。



実はあまり気づかない、もう一つのポイント。
エコキュート本体(ヒートポンプ)とタンクの配管ですが、
この2本を離してください。

エアコンの冷媒配管も同様なのですが、
普通は2本を束ねてテープでグルグル巻きしていると思います。
見栄えは良いのですが、COP面からは良くありません。

なぜなら、暖かい配管から冷たい配管へ熱が移動してしまうからです。
特に、エコキュートはエアコンよりも2本の配管の温度差が大きいので、
できれば別々に配管し断熱した方が良いです。

それではカッコ悪いからと2本束ねる時は、
温冷配管の中央に新しく断熱材を挟んでもらうと良いでしょう。
 __   ___
(◎◎)→(◎巛◎)←こんな感じ。
  ̄ ̄    ̄ ̄ ̄
理由を言って工事屋さんへお願いしてみてください。

これでエコキュートの電気代が画期的に安くなる。。。。。
ようなことは無いでしょう。
 

実践:除湿冷房の省エネ(4)2008年08月09日 12:37:26

空気は重い。

頭では分っていても、実験して確かめたいことがある。
確かめないと納得できない、信じられないことがある。
空気の重さもその一つ。

空気の重さは、理科年表によると1m3で1,2kg程度。
実際には水蒸気も含まれているからもうちょっと重たいだろう。
そして空気を暖めると軽く(比重が小さく)なる。
暖房は下から、冷房は上からと言われる理由がここにある。

そこで簡単な実験をしてみた。
吹抜けエアコンを止めて、床下エアコンを冷房23℃設定で強風(5/6)にして、半日ほど運転してみた。
その結果は、
ガラリの出口 25℃(手をかざすと微風を感じる)
1F机上 27℃
2F31℃

一階は充分快適なのだが、二階は動けない。
じっと寝ている分には大丈夫だが、歩き回ると暑い。
やはり、冷たい空気は2階には上がって行かない。

セオリーどおり、吹抜けエアコンを除湿冷房運転し、床下エアコンは空気清浄運転に戻した。
 

実践:除湿冷房の省エネ(5)2008年08月10日 12:35:50

毎日暑いので、涼しくなる画像をサービスします。

今回は、冷房設計の難しさ。

ビルなどの空調設計では建物全体の冷暖房ともに、局所的な冷暖房も必要になる。

建物は一般に南側のガラス面積が大きい。
そのため、冬には窓ガラスのある南側付近が冷えてしまい、反対に夏には日射で南側が暑くなる。
これに対応するため、南側にFCU(ファンコイルユニット)を設ける。

その中身は簡単に例えると「車のラジエター」の様なものだ。
内部には冬には温水、夏には冷水を流し、ファンで送風する。
当然、結露水対策も必要なので東西に長いビルなどでは、排水設計に苦労することでしょう。

このように、建物全体の空調にこのFCUを追加することによって、床面全体の冷暖房を快適にしている。

壁面とガラスの熱伝達率の違いによるコールドドラフト。
太陽の強烈な日射による放射熱(輻射熱)の取得。
FCUは、ある意味これらに対する受け身の対策といえる。


別の考え方もある。

原因となっている基を断つ考え方だ。
断熱の差をつけないようにペアガラスやLow-Eを使うことや、日射を遮るシャネルじゃない遮熱をすること。

今の季節は、遮熱の大切さを感じる。
朝、東の壁面やドアを触ると暑い。朝6時でも50℃を超えている。
赤外線温度計で測ってみると、白色の壁面よりも銀色のドアの方が温度が高い。これはちょっと意外だった。
後から考えてみると、
白は全スペクトルを反射し、銀は可視光線付近のスペクトルを反射するということなのだろう。
鏡だったらどうなのだろう。。。


建物の北東に大きな落葉樹を植えれば、壁面やドアの温度が下がるような気がする。
ケヤキとか銀杏とか。
 
壁やドアの断熱性能は同じであっても、壁面の色を上手く選んだり、
簾や植樹やあさがおで遮熱すれば、冷房負荷が減らせるハズだ。
そんな訳で、我が家は白ガルバ+タイベックシルバー。

屋根も同じ理屈なんだけど、日本では白い屋根はみかけないなぁ。
やっぱり「白い屋根」までは冒険できなくて、我が家はガルバの銀黒。
写真を見てしばし涼んでいってください。
 

わが家の電気料金(4)2008年08月16日 17:31:03

以前、5月の電気料金が大幅に減少したので、
電力会社からお知らせが投函されていたことを書きました。http://the.asablo.jp/blog/2008/06/14/

どのくらい減ったのかというと、
4月 5,281円に対し、
5月 2,122円でした。 ←この時にお知らせが届いた。

このお知らせを見た時、ふと考えたことがある。
「今は冷暖房の必要ない時期だ。
 徹底的に省エネしたら、一体いくらになるのか。」

そこで、論より証拠。
6月は徹底的に節電に挑戦してみることにした。
わが家はオール電化なので、省エネ〜=節電なのです。

さて、みなさん、
6月(正確には5月〜6月)の電気料金はいくらだったでしょうか。
コメントにお書きください。

もし、ピタリと当選した方には豪華賞品が〜〜〜〜〜、
たぶん出ません。すみません。

ヒント
契約は東京電力の電化上手 6kVAで、基本料金1,260円。
電気温水器の割引が、2,415円。
エコキュートの割引は、483円。
これ以外にオール電化の割引5%があります。

正解はおよそ一週間後に載せます。お楽しみに。
 

実践:換気の省エネ(1)2008年08月17日 00:02:00

1F天井裏に設置した計画換気装置。
 
省エネ(節電)に取り組む時、二面から攻めることを考える。
一つは消費電力(kW)の大きいもの。
もう一つは、長時間(h)使うもの。

本当は年間の消費電力量(kWh)が分れば、
そこから攻めるのが一番効率よいと思うのだが、なかなかむつかしい。
または手間がかかる。

実は、今、この手間のかかることをしている最中です。
家中にある家電製品の待機電力を手当たり次第に実測しています。
単純にWだけでは信じられないので、何日か測定器を接続して、実使用状態での使用時間(h)と消費電力量(kWh)を測定しています。
このkWhをhで割って、消費電力を算出しています。

こんな面倒なことをやってみようと思うのも、ワットチェッカーを買った副次的効果(?)なのかもしれない。
http://the.asablo.jp/blog/2008/03/28/2880585
5,000円の元をとらなくっちゃぁ。



さて、今回のテーマは、換気の省エネ。
高断熱高気密住宅では24時間の計画換気をする必要がある。
ホルムアルデヒドや臭いや水蒸気の排出、そして新鮮な空気の取り入れなどが目的だ。

この換気装置は、当然のことながら24h動かす。
一年では8760hも動く訳だから、この消費電力もばかにならない。
当然、少ない方が良い。

もちろん、これ以外にも、
・本体の大きさとか、
・確実に換気できるとか、
・音が静かとか、
・値段が安いとか、  ←ーコレ特に重要です。
・掃除が簡単とか、
・故障時の修理体制(迅速対応)、
なども選択時の重要なファクターになる。


計画換気装置の各種カタログを調査して、わたしが選んだのは、
JBECKのDCエンジェル。
http://www.jbeck.co.jp/products/kanki/dc_angel/index.html

DCモーターを使った超低消費電力、
無段階風量調節(低騒音にも繋がる)、
そして小型、
この3っつが決め手になった。

わが家は気積625m3なので、この装置を2台設置した。
年間の電気代は、2台合わせても2,000円でおつりが来る。毎月ではない、年間です。

だから、掃除のしやすさは(年1,2回だからと)犠牲になった。
これは誰の担当だろう。 オイラだろうな、たぶん。

iBookのごり押しで、X工務店さんにとっては初採用の製品だったが、上手く納めてもらった。
良かった。感謝。
 

日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング