_ココで紹介したいろいろなIDEAは、環境などにより新たな欠陥を生むリスクもあります。 良く検討された上で、自らの責任で採用してください。

地縄張りの確認2007年01月29日 21:17:40

「地縄張り」とは?
現地に縄を張って、建物の建築位置を決めること。(だと思う)

12月某日、業者さんが現地に杭を打って縄を張ってくれたので、現地へ確認に行った。
現地ではまだ葱を作っているので、作物を傷めないように気を使っていてくれた。社長の指示が下まで徹底している、流石だ。こういうちょっとしたところでも、このビルダーを選んで良かったと思う。
ところで「縄」といっても、今ではビニール紐を張るのがほとんどだそうだ。

「現地を確認しておいて欲しい」と言われた。
登記済み証も地積測量図も写しを渡してあり、基準になるGLも現地で決めておいたので間違いないと思うけど、一応、図面を持って現地を確認することにした。

現地では、建物西側につくるカーポート予定位置がどうも道路に近いように感じた。建物外壁とカーポートが予想以上に離れていたため、カーポートが西側道路に近くなっていたのだ。あまりくっつけると外壁の施工ができないかったり、カーポートの屋根の施工が大変になると思ったので、確認の上、全体を500mmほど東に寄せてもらうことにした。

現地に行って良かった。

dummy2007年01月29日 21:55:49

カテゴリー表示用のdummy

緒手続2007年01月29日 22:03:13

はじめまして。
似たような状況、そしてお近くのようなのでTBさせていただきました。ブログ初心者ですがよろしくお願いします。

>私達が購入した土地は元が農地だったため、水道を25mもひかなければなりません。
>そのため、水道工事だけで100万弱かかります。

上水道への接続は、舗装を壊したりまた舗装したりで高くなるようです。私道とは違って、車が通行しても支障ないように路盤工などをシッカリ行うためだと思われます。


>家を建てる前に、水道工事、外溝工事(これは畑の土を削って駐車場にするためと簡単な土囲いのみです)

水道や外構が先というのは珍しいように思います。
また、建設予定地の畑の方が接続する道路よりも高いのでしょうか。

>加えて農地から宅地への申請は済んでいたのですが、その時と外溝、建物の大きさ等が大きく変更になったため、再申請の手続きをしなければなりません。

わたしも農地転用がありましたが、わたしの場合は農地法4条であり、第1種低層住居専用地域でした。
このような場合、大規模な行政によっては申請でなく届出で良いように簡略化されているところもあります。それに期待して行政や農業委員会に行ったのですが、わたしの建設予定地では従来通りの申請手続でたくさんの書類が必要でしたので、結局プロに頼みました。

その後に、多少の変更があり、厳密に言うと
「施設の配置、着工及び完工の時期」が少し違うので気にかかっています。実務上どの程度のズレなら許されるのでしょうか。

>主人が頑張って新しい図面かいてます。

すごいご主人ですね。尊敬します。
日本ブログ村の にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ 部門に参加しています。

ジオターゲティング